2020.5.7
# 02 「脱思考は可能性を問わないので絶対安心をもたらす


今日の人類文化(受け入れられている常識)の主流となっている「客観的世界がある」とする視点から考えると、当然なこととして、あらゆる出来事に妥当な確率を見出そうとするのである。天気予報、出席率、合格(当選)率、税率、死亡率などなど。

一方、主観的世界に生きる人間の立場からみると、確率という概念はありえないもので、全く無意味なのである。

「今」そのことが「ここで」起こっているという事実が、存在するのか、存在しないのかだけである。この場合も、けっして、「存在の有無は50%」ではない。

主観的世界に生きる当人にとって、「起こりえた」別の事象は、その存在が候補にあがることも、可能性として予見することもなく、存在以前に存在がゆるされていないのである。

「可能性」は、考えの創作物である。考えなければ可能性はない。

主観をベースにした生が、唯一の「私」(主体)に起こっていることで認められるものは、今、ここに実現している事象だけである。

「在りうるもの」が「無い」のではなく、「在る」の発生の種も根も、もともと無いのである。種も根もねつ造された概念である。「在りうる」という空想は思考のものだから、無思考ではそれは生じない。

世界人類全体で3%のひとが感染している奇病があるとする。97%は罹らないのだから、と大方のひとの頭脳は安心する。しかし、あなたがそれに感染できないのではない。思考の世界、つまり客観世界では、感染の危険性は一定保持される。つまり、常に、不安がつきまとうのである。

春の陽気にさそわれて、ウキウキと散歩に出かけたひとが、工事中の建物から落ちてきた鉄骨に頭脳を砕かれ即死。当人に起こったことは、「(散歩に出かける)行動の動機」とも、「(この種の)事故の発生確率」とも、もちろん「健康度」や日頃の言動とも関係なく、その日、その時、死が当人の主観世界に生起しただけなのだ。これを客観主義に翻訳して、実現したことを100%とするのは不適切である。主観に立つと、分母となる起こりうる個体数は無限大になるからだ。

脱思考は、未来への夢を消滅させ、過去への愛惜を無にする。「今」からブレる思念やヴィジョンの発生への無関心から、一切の思考の産物を苦もなく断つのである。

すでに自分の経験で認識できている事象について、「○○が起こっている」という他者の説明など、昼間の屋外での懐中電灯みたいに役立たない。説明に関心を持たない思考なき意識は、リアルな世界の光を受け取っているのだ。(頭脳は光と陰影がもたらす二元的相克の姿を、「豊かな光景」ととらえるのだが、それはひとつの断片が呟く「貧しい場面」にすぎない)