過去のK語・観察会

第1回 2007.6.30 京都嵯峨芸術大学 第3演習室

【観察する】observe / observing / observation

 何ものにもとりつかれていない、お喋りに忙しくない心を常にもっていたい。
占有されていない心に、新しい学びの種から何かが発芽する。それは、知識が熟成して生じてくるものでもなく、知識に発する行動から出てくるものでもない。

空を見てみよう。山の美しさを、樹々や木の葉の間に輝く陽光を、観察してみよう。
観察が、記憶にとどめられると、後に続く観察は新鮮さを失う。妻や友人を観察するとき、その関係に根ざした過去の出来事を思い起こさずに、ただ観察することが可能だろうか。他者を、既存の知識に邪魔されずに観察し、見つめることができたら、もっと多くを学ぶことができるだろう。

観察はとても重要である。観察する。観察する者と観察される者の間に断絶が生じることなく観察するのが肝要である。たいていは、過去の経験の集積である観察者と、今、在るがままの観察される者が分断されているので、過去を見ているのである。観察者と観察される者の断絶は、葛藤の原因になる。

 

The division between the observer and the observed is the source of conflict

It is important to have mind that is not constantly occupied, constantly chattering. To an unoccupied mind a new seed of learning can germinate - something entirely different from the cultivation of knowledge and acting from that knowledge.

Observe the skies, the beauty of the mountains, the trees, the light among the leaves. That observation, if stored up as memory, will prevent the next observation being fresh. When one observes one's wife or friend, can one observe without the interference of the recording of previous incidents in that particular relationship? If one can observe or watch the other without the interference of previous knowledge, one learns much more.

The most important thing is to observe; to observe and not to have a division between the observer and the observed. Mostly there is a division as between the observer who is the total summation of past experience as memory and the observed, that which is - so the past observes. The division between the observer and the observed is the source of conflict.

"The wholenesss of Life", J.krishnamurti, Krishnamurti Foundation India, 1993

 

■Kの表現としての「満足」contentment

・観察自体が行動である 
 the very observation is the action

・分析は明晰な観察を阻害する 
 analysis prevents clear observation

・観察は禁欲である 
 observing is real austerity

・意識に中心がなかったら、観察だけがある 
 if there is no centre, only observing

・選択の余地のない観察から明晰が生じる
 out of choiceless observation comes clarity

・この空虚を、観察者なしで、観察する
 observing this emptiness without the observer

・エネルギーは観察そのものである 
 then energy is observation

・目を動かさずに観察する
 observing without moving your eyes

・断片化された生活をしているひとに観察は不可能である
 not possible to observe when you live a fragmentary life

・学習はたえざる観察の更新である
 learning must be a constant renewal of observation

・イメージを持たずに観察できるか
 can you observe without the image?

・観察は思考以外の道具である 
 observation may be the instrument other than thought

・知識は観察を妨げる 
 knowledge is blocking observation

・自己をもたずに観察する 
 observing without the me

・観察者なき観察 
 observing without the observer

・観察者である言葉をもたずに観察する
 observing without the word, which is the observer

・観察それ自体が静寂である 
 observation itself is silence

・思考と時間の動き無く観察する 
 observeing without the movement of thought and time

・言葉をもたない観察は、変換を、事実として、もたらす
 observing without words brings about a transformation in the fact

・執着は自己が大本なので、観察によってしか自己を超えられない
 attachment is me so all I can do is observe

・自己という条件を観察する 
 observing the conditioning that is me

・内面の観察は洞察である 
 that inward observation is insight

 

ページのトップへ戻る

 

過去のK語・観察会 >> 第2回「満足する」