過去のK語・観察会

第2回 2007.11.10  高槻センター街ビル 会議室C

【満足する】contentment

 不満足とはどういうことか、と聞かれたら、どうでしょう?
「あなたの話を聞いた、あの日曜日の朝以前には、私は満足していた人間であり、他人にはどちらかというと退屈していたとおもいます。いまは、なんてバカだったのかとおもい、自分の全てを知り、感じ取ろうと努力しています。なんとかしたい、どこかに行き着きたい、と望んでいます。こうした自分を促す気持ちが必然的に不満をうみだしています。以前は眠かったのですが、言ってみれば、今はすっかり目覚めています。」
 あなたは目覚めていますか?それとも、何ものかになりたいという欲望をとおして、再び眠りに入ろうとしていませんか。かつては眠っていたが今は目がさめた、とあなたは言われた。しかし、この目覚めた状態が、あなたに不満をもたらしている。それが、あなたを不快にし、苦痛を与え、その苦痛から逃れるために、あなたは何ものかになろう、理想に従おう、などとしている。こうしたまがいものの行動が、あなたを再び眠りに戻しているのではありませんか?
 「でも、私は過去の状態に戻りたくはない。目覚めていたいのです。」
 こころが自分自身を騙すなんて不思議だとおもいませんか?こころは混乱したくない、その古いパターンや心地よい考えや行動の習慣を振り落としたくない。混乱の状態にありながらも、こころは、安全な生活が保障される新しい世界を築こうとして、手段と方法を探します。大半のひとが探しているのは、そういう安全圏であり、ひとが眠ってしまうのは、安全や保護を求める欲望のせいなのです。

環境、ことば、態度、経験は、ひとを目覚めさせたり、混乱させたりするでしょうが、眠りに再び戻りたいのです。こういうことが大部分のひとに常に生じています。これは、起きている状態とはいえません。理解すべきは、こころがどのように眠ってしまうのか、という点です。そうではありませんか?
「しかし、こころが眠り込んでしまう状況は、あまりにもたくさんありますね。それらを全部知って、避けるなんてことが可能でしょうか?」
 少しははっきりできるでしょうが、それで問題は解決しないでしょう。
 「そうおもいます。」
 こころが眠り込んでしまう状況を知るだけでは、それがなにであれ、混乱なく安全になれる方法を再発見するだけになります。重要なのは、目覚めていることです。どうしたら目覚めていられるかと訊ねてもしかたありません。方法を求めると安全に対して強い欲望がわきあがります。
 「では、ひとはどうしたらいいんでしょう?」
 不満足にとどまり、それを解消しようとしてはいけません。混乱させてはならないのは欲望なのです。そこを理解しなければなりません。この欲望は、いろんな形をとりますが、"在りのまま"から逃避したい衝動なのです。この衝動が退去したとき、どんな種類の比較もなく、意識するしないにかかわらず、不満足の苦痛は消滅します。"在りのまま"と"在るべきもの"の比較が苦痛を生むのです。比較の停止は、満足ではなく、自己の活動のない、目覚めた状態なのです。

 

Contentment

If one may ask, what do you mean by that word 'discontent'? "Before that Sunday morning when I heard you, I was a contented person, and I suppose rather a bore to others; now I see how stupid I was, and I am trying to be intelligent and alert to everything about me. I want to amout to something, get somewhere, and this urge naturally makes for discontent. I used to be asleep, if I may put it that way, but now I am waking up."
Are you waking up, or are you trying to put yourself to sleep again through the desire to become something? You say you were asleep, and that now you are awake; but this awakened state makes you discontented, which displeases you, gives you pain, and to escape from this pain you are attempting to become something, to follow an ideal, and so on. This imitation is putting you back to sleep again, is it not?
"But I don't want to go back to my old state, and I do want to be awake."
Isn't it very strange how the mind deceives itself? The mind doesn't like to be disturbed, it does't like to be shaken out of its old patterns, its comfortable habits of thought and action; being disturbed, it seeks ways and means to establish new boundaries and pastures in which it can live safely. It is this zone of safety that most of us are seeking, and it is the desire to be safe, to be secure, that puts us to sleep. Circumstances, a word, a gesture, an experience, may awaken us, disturb us, but we want to be put to sleep again. This is happening to most of us all the time, and it is not an awaked state. What we have to understand are the ways in which the mind puts itself to sleep. This is so, is it not?
"But there must be a great many ways in which the mind puts itself to sleep. Is it possible to know and avoid them all?"
Several could be pointed out; but this would not solve the problem, would it?
"Why not?"
Merely to learn the ways in which the mind puts itself to sleep is again to find a means, perhaps different, of being undisturbed, secure. The important thing is to keep awake, and not ask how to keep awake; the pursuit of the 'how' is the urge to be safe.
"Then what is one to do?"
Stay with discontent without desiring to pacify it. It is the desire to be undisturbed that must be understood. This desire, which takes many forms, is the urge to escape from what is. When this urge drops away - but not through any form of compulsion, either conscious or unconscious - only then does the pain of discontent cease. Comparison of what is with what should be brings pain. The cessation of comparison is not a state of contentment; it is a state of wakefulness without the activities of the self.

"Commentaries On Living second series", ed. D. Rajagopal, 1995

 

■Kの表現としての「満足」contentment

・不満足の炎を絶やさないのは一種の瞑想である。
keeping the flame of discontent alive is a form of meditation

・欲望は満足の追求である 
desire is the search for satisfaction

・ひとは満足のえられる言葉を受け入れる 
I accept the word because it gives me comfort

・満足を渇望して、ひとは容易く騙される 
wanting comfort, human beings are easily deceived

・満足を求める心は幻想を生みやすい
desire for comfort may create illusion

 

ページのトップへ戻る

 

第1回「観察する」 << 過去のK語・観察会 >> 第3回「学ぶ」