過去のK語・観察会

第5回 2009.4.12 西宮大谷記念美術館 庭園横和室

【悲しみ】sorrow

悲しみは、意思の力で終わらせることはできません。ここを理解してください。それから抜け出せないのです。悲しみは、抱きしめ、それと共に生き、理解すべきものなのです。
ひとは悲しみと深く馴染まなければなりません。でも、あなたは悲しみに馴染んでいないでしょう?悲しみについては「よく分かっている」というかもしれないけれど、本当にそうですか?あなたは、それと共に生きていますか?悲しみを感じたとき、それから逃げてきませんでしたか?
実際のところ、あなたは悲しみを知らないのです。逃げ出すことは知っている。悲しみからの逃亡だけを知っている。愛が造りだされるものでもなく、自己規制から得られるものでもないように、悲しみは、どんな逃げ方をしても、儀式や象徴を利用しようとも、"善人"のやる社会活動をとおしても、国家愛によっても、人間が編み出したどのような醜い方法をもってしても、終わりにすることはできません。
悲しみは理解されなければなりません。その理解というものは、時間には属していません。

 

Sorrow

Sorrow is not to be ended by the action of will. Do please understand this. You cannot "get rid" of it. Sorrow is something that has to be embraced, lived with, understood; one has to become intimate with sorrow. But you are not intimate with sorrow, are you? You may say, "I know sorrow", but do you? Have you lived with it? Or, having felt sorrow, have you run away from it? Actually, you do not know sorrow. The running away is what you know. You know only the escape from sorrow. Just as love is not a thing to be cultivated, to be acquired through discipline, so sorrow is not to be ended through any form of escape, through ceremonies or symbols, through the social work of the "do-gooders", through nationalism, or through any of the ugly things that man has invented. Sorrow has to be understood, and understanding is not of time.

The Collected Works Vol.XI, p 287
J. Krishnamurti

 

■Kの表現としての「悲しみ」sorrow


・執着は悲しみの原因のひとつである
  attachment is one of the causes of sorrow (1984)

・恐怖、快楽、悲しみは共にある
  fear, pleasure, sorrow are all together (1983)

・政治家は全地球規模の悲しみを産み出している
  politicians are building a global sorrow (1981)

・悲しみと愛は共には存在できない
  sorrow and love cannot possibly go together (1981)

・悲しみは記憶の継続の一部になっている
  sorrow is part of this continuity of memory (1983)

 

ページのトップへ戻る

 

第4回「現実的」 << 過去のK語・観察会 >> 第6回「自由」