過去のK語・観察会

第6回 2010.2.21 奈良県文化会館 和室「うねび」

【自由】freedom

絶対の自由は絶対の責任を前提としています。つまり、自由とは、問題に対して完全に応答することなのです。ひとが全面的に応答するには、人生をしっかり生きることを知っていなければなりません。その人生において、愛、死、日常が言葉だけではなく、深く理解されていなければならないのです。

Freedom

Absolute freedom implies absolute responsibility, that means absolute response totally to the problem. And one cannot possibly respond totally, if one has not learnt to live a life in which love, death, everyday living are deeply -- not verbally -- understood.

Brockwood Park, UK. 16th September 1972
J. Krishnamurti

 

■Kの表現としての「悲しみ」sorrow


・自由は、頭脳外に存在する
 freedom is outside the brain (1984)

・自由のあるところに選択肢は無い
 where there is freedom there is no choice (1970)

・意識、頭脳、精神がひとつになったとき、完全な自由がある
 the consciousness, brain, mind are one when there is total freedom (1982)

・死とともに生きるのが自由なのだ
 living with death means freedom (1985)

・自由は、ひとつの考えになる
 freedom becomes an idea (1974)

・イメージから自由になることが真の自由である
 freedom from images is real freedom (1981)

・自由は、すべての権威の否定を指す
 freedom implies the negation of all authority 1981

・自由には原因がない
 freedom has no cause 1982

・疑いは自由の一面をもっている
 doubt gives a certain quality of freedom 1976

・従属していると、自由を失う
 you lose freedom when you are guided 1980

・安全などというものは存在しないと知ったとき、自由が在る
 When I realize there is no such thing as security, that’s freedom. 1976

・自由は、内的にも外的にも、空である
 freedom is space, outwardly and inwardly 1975

 

ページのトップへ戻る

 

第5回「現実的」 << 過去のK語・観察会