過去の講演会

2007.9.9 京都嵯峨芸術大学 第6演習室/講演者:森本武(K's Point主宰)

演題:J.クリシュナムルティの思想に学ぶ

『不安の終焉』

快晴の空の下、こころの中に何のわだかまりも持たず、
路傍の草木の素朴な美しさに感銘しながら散策を楽しむ。
いつも、そんなふうに時間をすごしたい。

けれども、そうはいかないのが現実の生活である。

天候が常に快晴とはいかないように、こころも、時に、嵐や
豪雨にみまわれる。
騒がしい道路脇に住まざるをえない事情もでてくる。
景気も良くなったり悪くなったりする。
時に、心身も病いに、見舞われたりする。
常に病魔と闘っているひともいる。

変化は、われわれの生きる場において、稀なことではない。
いや、変化こそ、当然で、もっとも自然な状態であるとおもえるが、ひとのこころは、その変化を不安の種にしてしまいがちである。

J.クリシュナムルティ(以下K)は「人類の解放」という途方もなく大きな、それでいて非現実的にみえる課題を背負って、自らの人生の大部分を、多数の聴衆との直接的な「対話」にささげた人物である。

 

▼講演内容

1. 不安について

2. 不安と時間

3. 時間とは・・・

4. 不安 fear : J.クリシュナムルティのことば

5. 不安の消滅

6. 質疑応答の記録