出版物のご注文は、ショップサイトをご利用ください。
K's Point会員の方は、会員価格でお買い求めいただけます。
直接メールでkspoint1998@yahoo.co.jpまでご希望の書籍名と冊数をお知らせください。

出版

【書籍】

祈り 原理と作法祈り 原理と作法


著者:森本 武  
出版:NPO K's Point/ソフトカバー/105×148mm/102p/2017
税込価格:600円 (会員税込価格:480円) 


<実は、考えるより 祈りが力になる>
祈りは効かないと思っている人は、願望を口にしているだけだからです。
願望は思考でしかないので、物的因果の支配する世界を抜け出せません。
思考の作用する波動とは違う念波になりえてこそ、祈りは現実を動かす力となれるのです。
正しい祈りの作法を理解し、日々の活動に安心とパワーを持ち込んで下さい。

 

日常を深く生きる日常を深く生きる


著者:森本 武  
出版:NPO K's Point/ソフトカバー/105×148mm/130p/2015
税込価格:800円 (会員税込価格:640円) 


<日常の真相を理解する本>
ごく身近にあって繰り返されるものについては、その本質は見出しにくい。
「日常」とは、その意味において難解なものです。
「聞く」、「従う」、「暴力」、「恐怖」など14語のテーマをとおして、クリシュナムルティの深い洞察から出たことばをかみしめながら、われわれ自身の日々に埋もれた真相を見出しましょう。

 

向心的暮しの創造向心的暮しの創造


著者:森本 武  
出版:NPO K's Point/ソフトカバー/105×148mm/300p/2013
税込価格:1,000円 (会員税込価格:800円)

<暮しの質を高めてこそ人生は洗練する>  
自分の内部、その一番奥深い所に何があるかご存知ですか?「私」として表れた生命の活動の根源を真摯に探求すれば、その生命の源泉に出会えるかも知れません。 内に向かい、その声に従い、暮す。そうすれば人生は自然に、心地よく、動いていくでしょう。
■近代文芸社より出版されていた同タイトルの本を、一部改訂し文庫本にしたものです。

 

思考はいのちを知らない思考は生(いのち)を知らない
—クリシュナムルティと共に考える—


著者:森本 武
出版:JDC /ソフトカバー/148×210mm/127p/2012
税込価格: 1,300円 (会員税込価格:1,040円)

< 考えても分からないのは、頭が悪いのではない。>
そもそも考えてもどうにもならない問題が人生にはいっぱいあるのです。
生命、愛、幸福。大切なものほど、考える力が無力なのです。
頭ではなく、生命にそなわったエネルギーに秘められた知性こそが、あなたに安心をもたらし、あなたを解放してくれるのです。
本書は、知のエネルギーにすべてをまかせ、思考の呪縛から抜け出したいひとのためのガイドブックです。

 

苦労の節約苦労の節約


著者:森本 武
出版:Be Creative Centre /ソフトカバー/105×148mm/166p/1990
税込価格: 500円 (会員税込価格:400円)
※ハードカバー版 税込価格:1,300円(会員税込価格:1,040円)

< 楽に生きたいひとに贈りたい「暮らしのバイブル」>
金、病気、仕事、人間関係、死の5つの章を通して、簡素に楽に生きる暮らしの実現を探る本です。種々の苦労を減らす単純で本質的な対処法を具体的に紹介します。
「暮らしのバイブル」として、書店販売はせず口コミだけで、25年間読み継がれてきました。

 

考える方法考える方法
—解決の思考・創造の思考・思考なき思考


著者:森本 武  
出版:JDC /ソフトカバー/148×210mm/149p/2003(初版)
税込価格:1,300円 (会員税込価格:1,040円)

< 考えるという行為を3つのレベルに分け簡潔に解明>
1.「解決の思考」(日々直面する様々な問題をどう解決するか)
2.「創造の思考」(芸術やデザインの創作過程でどう考えるか)
3.「思考なき思考」(頭脳の限界を認めた上で、そこを超える思考の可能性をさぐる)特に、創造的思考や、思考からの脱却に関心をもつ方にお勧めしたい本です。
※カバーの色が変更になりましたが、内容に変更はありません。


ほん。
ほん。
—こ〜んなにあたりまえのこと 君 知っているかな?


著者:森本 武・北村 容子
出版:JDC /ソフトカバー/174×197mm/144p/1983
税込価格:1,200円 (会員税込価格:960円)

<「あたりまえ」のことを信じない!!>
子供たちのための暮し方ガイドブック。学校教育や大人の常識が子供たちの自由な想像力を萎えさせています。わがままに、隠された本当を追究しようという本。イラストと手書文字と活字の混ざった不思議なデザイン感覚の絵本です。
30年前に出版された本ですが、子供目線からの本質的な問いかけは現代も不変です。



負のデザイン
負のデザイン


著者:森本 武
出版:JDC /ソフトカバー/180×182mm/100p/1994
税込価格:1,000円(会員税込価格:800円)

<小さくても幸福な世界をつくる負のデザイナー>
小規模な暮しの実現に向けて、欲望と必要の区別を示し、様々な無駄を検証したデザイン論。一見非生産的にみえる「止める・減らす・省く・放置する等の行為」の価値を積極的に評価したチョットへそ曲がりな文明批評でもあります。



【会報(冊子)】

insight04insight 04―Anarchy&Funny
特集:芸術の力・霊の力


編著:NPO K's Point  
出版:NPO K's Point/148×210mm/44p/2013
税込価格:440円(会員税込価格:350円)


私たちの思考は、はっきりと目に見えないものや、結論が出せない事がらに向き合うことに苦痛を感じる。あいまいな問題は無視し、存在しないことにして日常を生きる。
芸術とは本来、こうした言葉にできない直感的イメージをかたちにしたものであった。作品は、観る者の内にその感覚を再生させることで、芸術家が受け取ったメッセージの伝達道具となる。
K's Point会報の第04号は、K's Point代表の森本武氏と美術家・岡本光博氏との対談をメインに展開する。岡本氏は自身の霊的体験を制作の原点に置きながらも、社会がごまかしたり、目をつぶって通りすぎようとする部分を、堂々と表に突き出す人である。

insight 04



insight03insight 03―Anarchy&Funny
特集:やさしさ


編著:NPO K's Point  
出版:NPO K's Point/148×210mm/40p/2013
税込価格:440円(会員税込価格:350円)


世界には、やさしそうな人や、その意識から生まれた物や空間がたくさんある。けれどやさしそうに見えるものが、やさしさで出来ているとは限らない。
やさしさの発する光は、静かに、非常に慎重に観察しようとするひとにしか見えない。だから、わたしたちはいつでも平穏な意識で過ごす必要があるのではないか。
コラムや、人生相談、芸術批評も入った、K's Pointの会報の第3号。


insight02insight 02―Anarchy&Funny
特集:思考の知らない「今」


編著:NPO K's Point  
出版:NPO K's Point/148×210mm/40p/2012
税込価格:440円(会員税込価格:350円)


誰もが「今」という瞬間を生きているはずなのに、それについて考えようとすると、いつも辿り着けない。
「今」に向き合うと、何が見えるだろうか。
特集エッセイや、クリシュナムルティのことば、悩み相談など、K's Point的視点でまとめたアナーキーでファニーな会報、第2号。

 

insight01insight 01―Anarchy&Funny
特集:ホントは狂気


編著:NPO K's Point  
出版:NPO K's Point/148×210mm/41p/2011
税込価格:440円(会員税込価格:350円)


ホンキで狂気に生きたときこそ、正気が見えてくる。狂気だけがあなたを元気にするのではないか。
特集のほか、「子供たちとの対話」や「明日が変わるとき」など、クリシュナムルティの翻訳で知られる藤仲孝司氏との対談や、投稿コラム、悩み相談など、K's Point的視点でまとめた実験的会報、第1号。


ページのトップへ戻る