探求の会 【会員限定】

一つのテーマをめぐって、言語が無力化し、習慣化した頭脳が活動停止するしかない限界域に追い込んで、「探求」をおこなう。参加者の個別性は、いつとはなく消失し、その集団があたかも一つの人格となって、疑い、推測し、ついに気付くという特異な作業空間が立ち上がるのである。

探求の会_会場風景

 

「探求」について

ちょっとした用件があるので、
複雑な気持ちを説明したいので、
過去の誤解を解きたいので、
あのひとの愛を自分のものにしたいので、
誰も考えたことのない事業をおもいついたので、
ふとひらめいたアイデアがあったので、
話す。

少しだけ話す。
精一杯話す。
もうくたくたになるまで議論する。
ねえ、頼むから分かってよ、と懇願する。
ごめんね、と思い切って口に出す。
コノヤロー、と怒鳴る。

どんなふうに話してみても、私の中にあるものは、どこにもちゃんと届けられずに、残されている。
伝えられない何かが残る。
いや、もしかしたら、私のすべてが伝えられていないのかもしれない。

人間は、おびただしい数の言葉をつくりだし、高度な科学の体系を築き、複雑な概念を分析、説明し、深い感慨を伝えようと新たな語彙づくりに努力しているのだけれど、「気持ちを伝える」という単純な目的についてさえ、うまくいっているとはおもえない。

なぜ、うまくいっていないのか。
モノでしかない、記号でしかない言葉を利用しているからか。
相手が本気で知りたい、とおもっていないからか。
真剣さに欠け、言葉に生命が宿っていないからか。
どれだけ長い時間話し合っても、時には数十年連れ添って、数え切れない量の言葉を交換してきたというのに、互いに何も学べず、共有できなかった、と落胆するひとたちもいる。

探求は違う。
ただ、「考える」こととも違う。
ただ、「話し合う」こととも違う。

「意見交換」でも、「議論」でも、「討論」でも、「雑談」でも、「お喋り」でも、「分析」でも、「考察」でもない。
もしかしたら、百万人にひとりくらいしか、探求を自覚的に経験していないのかもしれない。
この会は、その「探求」をやる場である。といっても、やる気だけで探求はできない。
それは「起こる」ことであって、願望や努力だけで「起こす」ことは出来ない。

日常の生活では、「呼吸する」と「話す」の区別がつかないほど、意識なく話してしまっている。いい加減に口を動かしながら、そのいい加減さに気づいていない。
反対に、とても話す言葉を意識して、厳密に語彙や論理を操作しながら、議論したり、討論したりするとなると、頭が言葉選びに埋没してしまい、相手の気持ちを察するゆとりなどなくなる。「厳密に話せたのだが、しっかり伝えられたという手応えはない」ことになる。

愛し合う二人の間ではどうだろうか。
愛は探求そのものではないか。
だとしても、その愛は本当に愛なのか。支配欲や自己完結した享楽の混じらない愛なのか。
利己欲の炎を愛と誤認してはいないか。
妄想が創作した「甘美な夢」への期待にすぎないのではないか。
娯楽への耽溺から愛はうまれるだろうか。

探求は、思考が納得する決定的な答を手に入れる行為ではない。その点では愛と同じだ。
「ひとつ」と数えられれば、有限。
それはすなわち、制限されている。
言語や数値で表現された答は、どれほど見事なものであっても、「つくりもの」でしかなく、真理そのものではない。

言葉は、モノそのものではないし、コトそのものでもない。

言葉を発する主体の意識が、ある種のエネルギーとなって、未加工で無調整の意味を伝播する。その意味を、いかなる変形・変質もなく受容し、共有する生命体が存在しえたとき、探求は起こったのだ。

真に自律的な生命体と生命体の関係の中でしか、探求は生じない。

 

2011.10.27


ページのトップへ戻る